HOME ≫ 工場見学のススメ

工場概要と特徴

茨城県坂東市に所在する本社工場

茨城県坂東市に所在する本社工場。 ≫アクセスマップ
総敷地面積17,000坪の、一般缶業界としては最大級の工場です。
プレス棟 625坪 全21ライン(250tダブルトランスファーライン・ロボット搬送6工程ラインは国内唯一)
製缶・スリッター棟 1000坪 全18ライン
350坪の金型倉庫にはプレス・製缶合わせ約300型の金型を持ち
マシニングセンターその他工作機械にて金型の内製化も準備を進めております。
1500坪の製品倉庫は3000パレット収納可能(移動式ラック)。
製品の入出庫をコンピュータ管理により、安全且つ正確な製品保管を保っております。

百聞は一見にしかず。 見学ご希望いただく際は「お問い合わせ」からご連絡ください。

1. 幅広いジャンルの製品と他素材と組み合わせのできる缶製品

幅広いジャンルの製品と他素材と組み合わせのできる缶製品

現在、私どもが製造している製品は、金属、プラスティック、紙など幅広い素材からなっています。 複素材との組み合わせによって、金属だけでは不可能だったことを可能にし、容器自体に新たな付加価値を付け加えることが我が社の「強み」です。

2. 自社内一貫生産体制

印刷機 CTP刷版設備

金属UV印刷機・コーター機・ワクサー機・CTP刷版設備導入による印刷内製化、マシニングセンター及び加工機械の導入による金型の自社内製化を進めており、金属缶の製造工程においては日本国内では稀なる自社内一貫生産体制化を進めております。自社内にて製造全工程を管理進行することで、ものづくりの技術を結集し最高品質の製品提供を目指しております。

3. 工場に隣接した最高効率の物流拠点

工場に隣接した最高効率の物流拠点

工場に接している約1500坪の物流倉庫は、空調・除湿設備完備・害虫駆除対策・ホコリ・ゴミなど異物対策により常に倉庫を清潔に保っています。
20センチ床上げした移動式ラックは、庫内の空きスペースをなくす事で保管効率アップを計っています。
また、製品の入出庫はコンピュータ管理により、安全且つ正確に行われています。

4. 海外提携工場との協力生産体制

海外提携工場との協力生産体制

プラスティックとの複合製品を主に、一部生産を精査限定した海外提携工場へ製造委託しており協力生産体制を構築しております。 企画開発~試作、量産までの生産管理体制を直結集中することで日本国内生産品と同等レベルの品質を実現し、重要な生産拠点となっております。

4. 同時一貫生産ラインで24時間フル稼働

同時一貫生産ラインで24時間フル稼働

製造工場は最新式のロボットプレスライン、トランスファーライン、大型特殊製缶ラインなどほとんどが全自動又は半自動ラインでどのラインも24時間稼動が可能なラインです。
これらの加工ラインから、パーツ組み込み作業、袋入れ作業などの組立工程後に検査工程を経て完成品となります。 つまり加工開始から製品箱詰め完成まで一貫して生産が可能であり、これが当社工場の特徴でもあります。 ラインは24時間稼動なので、お客様のご要望を満たすべく、短納期の場合などにも生産調整をしながら対応が可能です。


▲ ページの先頭に移動

株式会社MGS 本社・坂東工場: 茨城県坂東市菅谷2230 TEL0280-82-1234 /
春日部オフィス(営業部):埼玉県春日部市中央1-51-12 ハルキヤビル3F TEL048-731-5311
Copyright © 2008-2012 MGS Co., Ltd. All RightsReserved.